ripple入門 -リップルの買い方・売り方-

仮想通貨ripple(リップル)解説ページ rippleとは何か?買い方は?売り方は?取引の仕方を丁寧に解説します

リップル取引で利用するゲートウェイ(gateway)の選び方

rippleを購入するまでの大きな流れについて、

こちらの絵で解説しました。

f:id:dougawatcher:20141130001307p:plain

 

 

 rippleを購入するために、最初にすべきことは、

 『ゲートウェイにて日本円をJPY(仮想通貨)に交換すること』(JPYの購入)

でした。

 

 

ところで、日本円をJPYに交換してくれるゲートウェイは、

いくつかあります。 

 

例えば・・・

 

・Ripple Trade Japan

 http://rippletrade.jp/

 

・Tokyo JPY Issuer(リップル東京JPY発行所)

 http://tokyojpy.com/

 

・Ripplex

 https://ripplex.co.jp

 

・Ripple Central 24

 http://ripplecentral24.jp

 

・Ripple Market Japan

 http://ripple-market.jp

 

 

さて、どこのゲートウェイを使えばよいのでしょうか?

 

 

ゲートウェイの選定ポイントは、主に下記の3点かと思います。

①手数料が安い

 どこのゲートウェイでも、入出金には手数料がかかります。

 当然、安い方がいいですよね。

 

②安心して取引できる

 大切なお金を預けるゲートウェイ

 なにより「信頼できること」が大切だと思います。

 

③簡単

 入出金の取引が容易であること。

 また、初めてRippleTradeのアカウントを開く人にとっては、

 アカウントのアクティベート(有効化)もしてくれるゲートウェイだと

 うれしいですね

 

これら3つを全てクリアしているゲートウェイとして、このページでは

リップル東京JPY発行所をオススメしています。

 

①手数料が安い

 入金時のJPY発行手数料は10円定額。

 出金時のJPY返還手数料も10円定額。

 これは安い!!

 (出金時には、振込手数料などの事務手数料として別途500円がかかります。)

 

②安心して取引できる

 IRBA(International Ripple Business Association:国際リップルビジネス協会)

 という、ゲートウェイの信頼性を保証するために設立された非営利組織があります。

 International Ripple Business Association - Home

 国内のゲートウェイで、唯一IRBAの公認を受けているのが

 リップル東京JPY発行所なのです。(2014/11/27現在)

 

③簡単

 入出金の手続きは、インターネット上で簡単に作業できます。

 (具体的な手順は、本サイト内ですべて解説しています。)

 また、RippleTradeアカウントをアクティベートしてくれるキャンペーン中です。

 初めてrippleを始める人でも、すぐに始められます。(2014/11/27現在)

リップル東京JPY発行所

 

 

本サイト内のリップル購入手順も、

リップル東京JPY発行所を利用することを前提に作成しております。

 

トータルで考えて、

リップル東京JPY発行所をオススメしています。